【9月17日(木)】テーマ:一番大切なレコードは? Grobal ArkオーガナイザーのDJ MIKUがGuest出演

■WORLD-MARKETZとは?

『世界のアーティストとレーベルを音楽を介して有機的に繋ぐ』をコンセプトに、2017年に誕生した音楽コミュニティ。これまでにオランダ、スペイン、インド、韓国など各国のDJやレーベルとの交流を推進。そのフラッグシップとなるInterFM897で毎週木曜日夜8時からお届けするするラジオプログラム。

レジデントDJのCARTOONを中心に、タワーレコード株式会社が運営する楽曲のキュレーションメディア「TOWER DOORS(タワー・ドアーズ)」、国内最大のダンスミュージックポータルサイト「 clubberia クラベリア」等とメディア連動していきます。

【公式Twitter】https://twitter.com/897World

 

■本文内容

CARTOON(以下、C):InterFM897 sensor。毎週木曜日はWORLD-MARKETZ。ここでゲストの登場です。

 

先月8月28日、29日、30日の3日間、群馬県の菅沼(すげぬま)で開催された

「Global Ark 2020」オーガナイザーのDJ MIKUさんです。

 

よろしくお願いします!

 

MIKUさん(以下、M):こんばんは!

 

C:写真もいただいてるんですけど、僕の知り合いもたくさん参加していて最高のフェスだと聞いておりますが。

 

Global Ark 2020終わって、率直な感想を教えてください!

 

M:この場を借りて、参加いただいたみんなには御礼を申し上げておきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

まず、閉会後今日で18日目になるのかな、いまのところ異常が発生したような報告はありませんですので。

 

このまま何もなければいいなと思っておりますが。

 

開催するにあたっては、我々が用意する感染防止対策だけじゃなくて、参加者1人1人の意識が重要だったので。

 

皆さんを信じてましたし、今後も何も無いことを信じてます。

 

C:中々2020年、夏はフェスはほぼ0だった中、ものすごいきっちりと感染対策をして実行されたといろんな界隈から聞いてるんですけど。

 

もちろんこれまでは海外のDJからもたくさん出られてたと思うんですけど、Global Ark自体は何年目なんですか?

 

M:今年で9年目なんですよ!

 

なので、来年10周年パーティーやろうかなと思ってるんですけど。

 

Global Arkはフェスじゃないんですよ、あくまでもパーティーなんです。

 

フェスというと、プロのイベンターがが開催されるものかと思いまして。

 

自分自身DJだったり、音楽制作者だったりするので、イベントに関してはGlobal Arkやるまでは主催したことなかったので。

 

まだまだ素人なんですけど。

 

他のメンバーも本業がある人が多かったですね!

 

C:皆さんで作り上げたということですね!

 

M:そうですね!

 

周りのサポートが凄まじいというか、ホントほとんどそれで成り立っている感じですね。

 

出演者も友達だし、演出とか制作も自分がお世話になって人とやってますし。。

 

皆さんのおかげでGlobal Arkが開催できたんですけど。

 

C:Global Arkは今回、海外からのDJがいない、ということで。

 

日本人DJの底力とかは感じられましたか?

 

M:元々Grobal warkの海外DJはGuestという立ち位置で、メインはクラブで実績がある

 

年に1回野外でやろうよ!っていったのが始まりなので。

 

今までも海外DJに頼ったわけでも無いし、そういう意味で海外DJがいなくても全然大丈夫だと思います。

 

我々国内勢、特にGlobal Arkで選ぶDJは海外勢でも中々勝てないと思いますね。

 

C:ちょうど開催前にDJ EMMAさんがスタジオ来ていただいて、告知をしていただきましたけど。

 

やっぱりEMMAさんの出演もTwitter上でも話題になってて。

 

日本のDJこんだけ集まるのはすごいな、と思っておりましたね。

 

M:こういってはなんですけど、Global Ark のオーディエンスは耳が肥えてる人が多いんですよねww

 

海外DJ、特に制作をメインにしてる人は、やっぱりDJに関してはそこまで気合を入れてないというか…。

 

やっぱり我々にすると経験不足だな、と思う人が多いですよね。

 

名前や知名度ある無しに、良いプレイをするDJをうちのオーディエンスは求めてるのかな?と思いますし、全然負けてないですよ!ww