【8月6日(木)放送分】テーマ:2022年を予測する

■WORLD-MARKETZとは?

『世界のアーティストとレーベルを音楽を介して有機的に繋ぐ』をコンセプトに、2017年に誕生した音楽コミュニティ。これまでにオランダ、スペイン、インド、韓国など各国のDJやレーベルとの交流を推進。そのフラッグシップとなるInterFM897で毎週木曜日夜8時からお届けするするラジオプログラム。

レジデントDJのCARTOONを中心に、タワーレコード株式会社が運営する楽曲のキュレーションメディア「TOWER DOORS(タワー・ドアーズ)」、国内最大のダンスミュージックポータルサイト「 clubberia クラベリア」等とメディア連動していきます。

【公式Twitter】https://twitter.com/897World

■トーク内容抜粋

CARTOON(以下、C):ここからの1時間は今週の月曜日からスタートした生放送でお送りするプログラム、sensor。

 

「sensor」とは・・・「ダンスミュージック、ファッション、ストリートスポーツなど

東京と世界のカルチャーを繋ぐキュレーションプログラム。」となっております。

 

で、毎週木曜日はWORLD-MARKETZ。

 

いつもだったら20時から放送していたんですけれど、sensorの中にWORLD MARKETZを入れて、ダンスミュージック、クラブシーンとコネクトさせていきます。

 

clubberiaとは、コラボレーションメディアとして 日本最大級のダンスミュージックのポータルサイトです。

 

こちらには毎週の放送の記事が、写真や音楽のリンク付きでアーカイブされています。

 

今夜もclubberia代表取締役、DJ Pi-geさんを番組にお迎えしております。

 

よろしくお願いいたします!

 

Pi-geさん(以下、P):よろしくお願いいたします!

 

毎週になりましたねww

 

C:そう!

 

もうレギュラーですね!w

 

(音源より、5:00~)

 

C:clubberiaからどんな記事が今週話題になりましたか?

 

P:今週、バズった記事の抜粋です。

 

イギリスで1970年から開催されている世界最大級の音楽フェス「Glastonbury」の創始者Michael Eavisが、2022年までフェスティバルが復帰できない可能性があることを認めました。

https://clubberia.com/ja/news/11228-glastonbury-Michael-Eavis/

 

 

C: Glastonburyの人が言うと、かなり現実感が増すというか…!

 

P:そうですね!

 

我々なんかオリンピックの話をしているのに…!ww

 

無くなるわけではなくて、2年くらい待たなければいけないね。とのことです。

 

C:25万人ですからね…www

 

P:1つの街ですかね。ww

 

キャンセルのニュースは苦しいですよね。

 

C:キャンセルになっても、オンライン上でどう楽しむのかだったり、オンラインだからこその演出、にしかできないことをやる

 

やっぱりリアルの現場を楽しみだった僕たちにとって、この発言(Glastonburyの)は重たいものですよね。

 

P:決定ではないですけれどもね。

 

C:ドイツで、5000人の規模のフェスのトレーサビリティーを検証していこうという活動がありましたからね。

 

イギリスとかでもそういう活動は、前衛的な気がしましたけど…。

 

これからも向こうの現状を知りたいですね。

 

メッセージを紹介していきます。

 

ラジオネーム:ポケットボール

「さすがにイベントは始まってるでしょ、と思いつつ少し懐疑的です。

 

早くクラブで朝まで踊りたいのに…!」

 

P:激しく同意です。ww

 

C:今まで経験したことが無い事態ですからね。

 

【続きは音源で】